鉄分サプリの口コミランキング!下痢の心配ない!

鉄分サプリランキング!

 

鉄分サプリの口コミは?

 

 

鉄分がどれくらい体にとって必要なのかは理解していただけたかと思いますが、本当にサプリメントを摂取するべきなの?と思っている人もいるのではないかと思います。

 

サプリメントの中には粗悪品があるのも事実なのですが、全てが粗悪品だというわけではなく、効率よく鉄分を摂取することが出来るようになっているサプリメントもあるのです。そして、ちゃんとした鉄分サプリメントで鉄分を摂取したことによって、体の調子がよくなったと感じている人も少なくないのです。

 

今回は鉄分サプリを服用した人たちの口コミをご紹介していきたいと思います。

 

貧血がかなりよくなってきました

 

特に体調が悪いというわけではないのに、顔色が悪くて、同僚からも心配されてしまうことが多かったです。当時貧血に悩んでいたのですが、この貧血の性で青白い肌になってしまっていたようです。私ももっと健康的な肌になりたいと思っていて、鉄分を摂取しようと思い立ち、鉄分だけではなくビタミンも配合されているサプリメントを摂取するようになりました。そして少しずつ血色がよくなっていって、青白い肌ではなくなってきていますし、貧血の症状もかなりよくなってきています。

 

数値が改善されてきた

 

10代の頃から貧血に悩んでいて、大人になってもずっと貧血が続いていました。体調が悪くて学校を休んでしまうことが多かったのですが、貧血の症状が大人になっても改善されず、貧血の数値がかなり悪かったです。ですが、数ヶ月前から鉄分サプリを摂取したおかげか、今は貧血の数値もかなり改善されています。

 

参考:鉄分サプリおすすめランキング!

 

鉄分サプリの邪魔になる食べ物

 

 

鉄分を吸収しにくくしてしまう食べ物もあります。元々2割くらいの女性が鉄欠乏性貧血になってしまっているといわれているのですが、特に若い人の場合だと偏食をしている人が多いため、25%くらいの割合で鉄欠乏性貧血貧血になってしまっているといわれています。

 

ですので、貧血の改善をしたり予防をしたいのであれば、しっかり鉄分を摂取するようにしなくてはならないのですが、食べ物次第では鉄分の吸収をしにくく名手しまうこともあるのです。

 

鉄分の吸収を妨げてしまう食べ物としてどのようなものがあるのかを知っておけば、食事にあまり取り入れないようにすることも可能です。

 

フィチン酸

 

フィチン酸というのは、鉄分だけではなくミネラルと結合しやすくなっています。さらに不溶性に変化をすることによって、栄養素を吸収する腸の働きを妨げることになってしまいます。

 

米糠や豆腐など以外にも、玄米にもフィチン酸が多く含まれています。普段から健康などのために玄米を食べているという人もいるでしょうが、皮も食べるようにしているのであれば、フィチン酸を摂取しすぎてしまっているかもしれません。

 

鉄分が足りていないと感じていて、玄米も食べているのであれば、分づき米などと玄米を混ぜて食べるようにしたほうがいいでしょう。またすぐに飲み込むのではなく、しっかり咀嚼をすることも大切です。

 

タンニン

 

タンニンというのは、赤ワインや緑茶、コーヒーなどの渋み成分として含まれています。このタンニンは鉄分と結合してしまうという特徴がある上に、水に溶けにくい性質がありますので、鉄分を吸収しにくくしてしまいます。

 

シュウ酸

 

アクの成分のことをシュウ酸というのですが、このシュウ酸というのは、たけのこやホウレンソウなどに多く含まれています。この他にも、キャベツやサツマイモにもシュウ酸が含まれており、ミネラルの吸収を抑えてしまう作用があります。

 

水溶性になっていますから、水につけたり茹でることによって8割前後は水に溶けるようになりますので、ホウレンソウなどを食べるのであれば、先に水につけておいて、シュウ酸を逃がすようにしましょう。

 

食物繊維

 

実は食物繊維も鉄分の吸収を妨げてしまう作用があります。この食物繊維は、ごぼうやイモ類、わかめ、キノコなどに多く含まれており、便秘の改善などをしてくれるということで注目されているのですが、食物繊維を摂取しすぎてしまうと、鉄分などのような栄養素を吸収しにくくなってしまいますので、摂取しすぎないようにしていかなくてはなりません。

妊娠中の栄養補給にオメガ3脂肪酸が良い!

健康的な体を維持するためには、色々な栄養素を食事から摂取するのが理想的なのですが、その食事で特に積極的に摂取した方が良い栄養素のひとつとして、オメガ3系脂肪酸があります。体の健康を保つためには、適量のオメガ3系脂肪酸を普段から摂取していくようにしなくてはなりません。

 

オメガ3系脂肪酸というのは、不飽和脂肪酸といわれる脂肪酸に分類されています。この不飽和脂肪酸をしっかり摂取することによって、古くなった細胞を新しい細胞と切り替えられるようになっているのです。

 

細胞を新しくするためには、再生を促進させる細胞の働きを活発にしたり、ホルモンを分泌させていかなくてはなりません。このホルモンを作り出すための原料として用いられているのも、不飽和脂肪酸になっています。

 

オメガ3系脂肪酸が特に含まれている食材として代表的なのは、サバやマグロなどの青魚です。この他にもナッツにも、多くのオメガ3系脂肪酸が不kマレ手います。研究によって、体にオメガ3系脂肪酸が必要だとわかってから、色々なメディアでも紹介されるようになりました。食べるのが難しい場合はオメガ3脂肪酸を含むサプリも効果的です。

 

オメガ3系脂肪酸は、最近子供を授かりたいという人や妊娠中の人からも注目されています。妊娠をするとお腹の中に胎児を宿すということになるわけですが、その胎児の細胞を活発に働かせ、成長を促しやすくすることが出来るようになります。

 

人間の体の中でも脳というのは非常に重要な部位になっているのですが、この脳を成長させるためにも、オメガ3系脂肪酸は必要不可欠になっているのです。妊娠をしたら、積極的にオメガ3系脂肪酸を摂取するようにすれば、細胞を増殖させやすくすることができるだけではなく、脳の働きも活発にすることが出来るようになるのです。

 

ホルモンバランスの乱れに有効な栄養素

 

ホルモンバランスの乱れを解消するためには、栄養バランスの良い食事が重要です。食事は自律神経をしっかり整え、ホルモンバランスを改善し、体だけでなく精神の安定にも寄与する大切な行為です。

 

ホルモンバランスを改善するためには、必要な栄養素をバランスよく摂取することで、その中でも、ビタミンB6は重要な栄養素です。ナッツやバナナによく含まれているものですが、女性ホルモンの代謝と関係しているビタミンです。

 

また、ビタミンE抗酸化作用に優れていて、脳下垂体や卵巣といったホルモンの分泌器官が酸化するのを防ぎ、機能を維持する働きがあります。ビタミンEの不足はホルモンバランスの乱れにつながりやすく、更年期障害や月経不順といった女性特有の症状の原因になりがちです。ビタミンEはナッツ類や大豆、ゴマ油、クルミなどから摂取可能です。

 

そしてミネラルもまた重要な栄養素。亜鉛やカルシウム、マグネシウムはホルモンバランスに密接な関係がありますからしっかり摂取するようにしましょう。野菜や海藻類、貝類に多く含まれています。

 

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、ビタミンB群の一つであるパントテン酸もまた、副腎の働きを強化して、副腎皮質ホルモンの分泌を促進してくれます。これによって吹き出物やニキビといった肌トラブルやアレルギー性疾患などの緩和が期待でき、またストレスからくる憂鬱やイライラを鎮めるのにも有効で、ホルモンバランスが乱れたときにも効果的です。パントテン酸はレバー、干ししいたけ、鶏もも肉、うなぎなどに多く含まれています。アボカドや納豆にも多いようです。

 

その他、女性ホルモンに似た働きをするといわれるイソフラボンも有効で、女性の体に加齢と共に不足していくエストロゲンを補う作用が期待されていて、体や心の不調に効果があります。イソフラボンは、豆腐、納豆、みそ、しょうゆ、豆乳といった大豆製品に多く含まれ、サプリメントも多く発売されています。
ホルモンバランス整えるサプリ!口コミが良くおすすめは?